RC上部工、橋脚をワイヤーソー、フラットソーにより切断撤去しました。

幅員7.0m橋長73.3mのコンクリート橋6径間の撤去工事を行いました。現場周辺は民家等が密集しており共用開始された新設橋が近接しているため低騒音・無振動工法により既設橋梁を撤去する必要がありました。上部コンクリート橋は横桁部をコアーボーリング連続穿孔により縁切りし、床版部はフラットソーにて切断しました。橋台4基(車道・歩道部)及び擁壁部分はワイヤーソーによって切断分割し撤去しました。騒音等によるクレームも無く、切断時に発生する泥水は確実に養生処理し工期内に無事工事完了しました。

 上部工現況

上部工及び橋脚の現況です。 

 上部工現況

上部工の現況です。

 張出床版カッター切断

 張出床版は床版カッターにより吊り切断します。

 上部工桁撤去

 クローラクレーンを使用して桁を撤去します。(桁重量30t)

 上部工桁仮置き状況

上部工の切断断面と仮置状況です。

 防音シートによる養生

 橋脚周辺は防音シートに養生し騒音を低減します。

 橋台部ワイヤーソー用コアーボーリング

 橋台部をワイヤーソー切断するために誘導孔を施工します。(φ50mm)

 橋台部ワイヤーソーによる切断分割

橋台をワイヤーソーにより縦切断している状況です。

 橋台コンクリートブロック撤去状況

 切断したコンクリートブロックは10tダンプへ積み込み、場外へ搬出します。

 橋台撤去完了状況

橋台撤去完了状況です。


 

このページのトップへ

←前のコンテンツへ  次のコンテンツへ→

施工実績一覧へ