鉄道近接構造物を横取装置にて移動後ワイヤーソー切断し撤去しました。

連続立体交差化に伴い鉄道近接構造物の撤去工事を行いました。通常の撤去方法ではワイヤーソーによる切断後クレーンにより上部に吊上げ撤去しますが、本工事は直上に新設高架橋が構築されているため、従来の工法では撤去が困難でした。そのため、油圧式横取り装置により新設高架橋の干渉しない位置まで移動し、ワイヤーソーにて切断分割した後クレーンにより吊上撤去しました。

 既設鉄道橋現況

撤去する構造物(URT)の現況です。

 既設鉄道橋内部現況

 

 横取装置

横取装置により梁部を移動します。

 軌条 横取装置 設置

軌条を敷設し横取装置を組み立てます。

 梁部コンクリート横移動状況

横取装置により梁部を移動します。

 梁部コンクリート横移動状況

ジャッキアップ及び移動は集中制御されているため、ゆっくりと確実に行えます。

 ワイヤーソー切断後50tクレーンにより撤去

横移動後、ワイヤーソー切断しクレーンにて10tダンプへ積み込みます。

 

撤去完了

撤去完了状況です。


 

このページのトップへ

←前のコンテンツへ 次のコンテンツへ→

施工実績一覧へ